人材派遣は全国一律の時給ではありませんので比較してみてみましょう。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

時給と地域の特徴

どんな職業が選ばれて、どんな職業が需要が高くなり、どんな資格が求められているのでしょうか。
今から資格を取得したいと考えている方にも参考になる結果となっています。
それを近年の傾向、そして地域別の傾向としてみていきたいと思っています。
まず、全国的にも最も人気があるのはSE・プログラマ・ネットワークエンジニアです。
パソコン関連、そしてコンピューター関連の資格というのは現代も変わらず安定した人気となっています。
この分野に関しては社会的にも成長期であるということは確かにいえることなのではないでしょうか。
パソコンが日本人の最低生活必需品の一つとしても数えられている時代と言われています。
さらに携帯電話の普及率も100%を突破しています。
我々の生活とITが切り離すことができないのと同じように、企業にとってもITというのは革新的に進めている分野ということになるでしょう。
このSE・プログラマ・ネットワークエンジニアはどこの地域でも安定して需要があります。
各地域でのSE・プログラマ・ネットワークエンジニアの平均時給を見ていきましょう。
北海道1445円、東北1635円、北陸信越1514円、関東2257円、東海1916円、関西1923円、中国四国1463円、九州沖縄1487円やはり東京のある関東が最も平均時給が高くなっています。
日本の主要ともいえる企業の本社がこの東京に集中しているということも理由の一つになっているでしょう。
またその理由を裏付けるように関東では設計が2043円、運営管理保守が1850円とトップ3になっています。
企業の成長に欠かすことのできないスキルを関東では多く求めているということになるでしょう。
また求められているスキルも地域によって特色が出てきます。
例えば、北海道東北では医療に関したスキルが多く需要があり、時給も高くなっています。
医療事務の派遣は1860円、治験関連は1600円、看護師准看護師は1328円になります。
日本の工業地帯の要が集中している東海地方ではSE・プログラマ・ネットワークエンジニアが1916円と最も多くなっていますがそのほかにも設計が1763円、通訳翻訳が1590円となっています。
九州沖縄では観光地が多いということもあり、SE・プログラマ・ネットワークエンジニアだけではなく貿易国際事務というのも求められており1381円です。
通訳翻訳も1350円と高額の時給になっています。

就職・転職・求人・派遣についての話はこのサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.