働いている場合でも年収のコントロールが必要な場合があります。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

人材派遣と税金

扶養控除については人材派遣においても考えておかなければなりません。
扶養する家族がいる場合、扶養されている場合、それによってはもらえる給与を考えるために勤務時間をコントロールする必要があるでしょう。
配偶者の不要になっているときには年収が103万円を超えないように働くという方法を選択しているという方もいるでしょう。
それが扶養控除内での勤務ということになります。
扶養控除内で働くことのメリットはなんでしょうか。
それは税金です。
配偶者に対する税金を少なく済ませることができますので年収を抑えるという働き方をしている方も多いものです。
年収によってさまざまなお金に関することに影響していきます。
住民税、所得税、配偶者控除、配偶者特別控除、覚えておいて損はない項目になりますので整理していきましょう。
まずは税金の確認をしていきます。
住民税都道府県と各市区町村におさめるもので1年間の収入に対してかかってくる税金になります。
所得税働いて賃金が発生すると納税の義務が発生しますが個人の所得によってその金額が変わってきます。
配偶者控除、控除というのは差し引くということです。
配偶者の所得金額から38万円の所得控除があります。
配偶者特別控除配偶者所得控除と同じものになりますが所得金額によって所得控除額が変わってきます。
それではどのタイミングでその税金が発生してくるのかを見ていきましょう。
まず配偶者控除この対象となるのは年収が103万円以下の場合です。
配偶者特別控除、この対象となるのは年収が103万超から141万円以下の場合です。
年収100万円以下住民税、社会保険、所得税は発生しません。
年収100万円以上、住民税が発生します。
年収103万円以上所得税が発生します。
年収130万円以上社会保険料が発生します。
このようにどのくらいの年収でどのような税金が発生するのかということも不要になっている場合は特に考えていかなくてはなりません。
というのも、支払う税金が多くなれば手取りとしてもらえる金額に大きな差が出てくることもあるからです。
収入と税金の関係は微妙なラインもあります。
わずかに1万円多く働いてしまっただけでも住民税が発生したり所得税が発生したりすることで大きなマイナスになってしまうことはよくあることです。
自分の働く時間、考えている年収、それと税金と照らし合わせながら自分の働く時間をコントロールしていくことも必要になるでしょう。
Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.