福利厚生が充実しているところもあり、有給休暇も取ることができます。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

有給と福利厚生

人材派遣スタッフには有給休暇がない、福利厚生が充実していない、そう思っている方も多いかと思います。
実はそのイメージは間違っています。
人材派遣スタッフでも社会保険、有給休暇、充分にとることができるということをご説明しましょう。
有給休暇、もちろんすぐに有給休暇を使うことができるということはありません。
それは正社員になったとしても同じことでしょう。
しっかりと働くということが約束されたうえで給料が有りながら休暇をもらうことができるというのが有給休暇になります。
人材派遣スタッフでも労働基準法で有給休暇が定められています。
条件をクリアすることで有給休暇が取れることとなります。
〜有給休暇の条件〜・同じ派遣会社で6か月以上継続勤務・全労働費の8割以上出勤この条件をクリアすることで有給休暇が10日間保証されます。
人材派遣の雇用開始から1年半では11日、2年半では12日、と有給休暇の日数が増えていき、2年半を超したところから1年ごとに2日ずつ加算されていきます。
最高20日までとなっていますので継続年数によっては充分な有給休暇を確保することができるでしょう。
また別例もあります。
一週間の所定労働時間が30時間を下回っている場合、そして1週間の所定労働時間が4日以下、つまりは堂々時間が短い場合、比例付与となりますので働く日数に応じた有給休暇日数となります。
派遣会社によってその有給休暇もどのようになっているのかという詳細は変わってきます。
例えば派遣契約がいったん終了しても、1か月以内にまた同じ派遣会社との契約業務があれば有給日数を引き続けることができます。
福利厚生:雇用契約を結ぶ先は一般の社員の場合にはその勤務先ということになりますが、人材派遣の場合には勤務先は派遣先となりますが、契約は人材派遣会社となります。
そのため福利厚生の提供は人材派遣会社から受けるということになります。
福利厚生の状況というのはどのようになっているのかということはその派遣会社によっても大きな違いがあります。
福利厚生というのは働くために、幸福と利益、そして生活を豊かにするというものです。
そのため福利厚生が充実している派遣会社というのは社会保険だけではなく宿泊施設などがあったり、資格スクールがあったりとビジネススキルをアップすることもできます。
登録するときにはどのような福利厚生があるのかということをしっかりと確認しながら自分が登録するべき派遣会社というのを探してみるとよいでしょう。
上手に活用することで充実した仕事環境を整えていくことができるでしょう。
Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.