手当や賞与などはどのようになっているのか確認していきましょう。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

自分のスキルを評価される

手当や賞与について人材派遣では決められた一定の決まりというのがありません。
登録している派遣会社によって、また勤務先となる派遣先によっても規定が違ってきますので就業する前にはしっかりと確認することが必要になります。
自分のスキルを評価されることにプラスして一般的な手当てなどについてもどのようになっているのかということは確認しておくことで仕事への安心感を持つことができるはずです。
交通費、派遣会社や派遣先によっても手当てがあるのかどうかは変わってきます。
自宅から派遣先までの距離が近い場合には問題ないかと思いますが、派遣先が遠く交通費がかかる場合にはその手当がどのようになっているのか確認することが必要になるでしょう。
その人材派遣の給与、そして通勤にかかる交通費、そして交通費の支給額、これを考えて比較することでより水準の高い派遣先を見つけることができるでしょう。
残業手当、残業がない、というのは人材派遣のメリットになります。
ただしすべての場合において残業がないというものでもありません。
人材派遣の場合には時給の計算になりますので残業も手当として加算されます。
1日8時間が基本となり、それを超える時間であれば1時間ごとに加算されます。
労働基準法で割増賃金について定められており、25%以上ということが決められています。
例えば1500円の侍従だとすれば一日8時間を超した場合、その吊架分は1時間ごとに1.25倍である1875円となります。
残業をすればその分はもちろん給料として反映されるものになりますが、長く働くことがよいとも限りません。
残業がないように時間内で仕事を終わらせ、そして基本時給自体が高いというのが人材派遣の目指すところとなるでしょう。
賞与、人材派遣ではボーナスはない、と思っておいた方がいいようです。
正社員であればボーナスはあって当然と思っているところはありますが、実際には会社の業績によって臨時的に支払われる賞与、これがボーナスということになっています。
そのため人材派遣の場合にはその会社に長く属するというものでもないためボーナスの支給対象外となっているということは確かなようです。
労働基準法でも派遣会社が人材派遣スタッフに対してボーナスの支払いに関しての義務は定めていません。
というのは一昔前までのことです。
現在の人材派遣会社ではその能力や功績に応じたボーナスが支給されるところも増えてきました。
事前に確認することは必要ではありますが、能力というものも大きく認められてきているということになるでしょう。
Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.