個人のスキルによって選択可能な業務がとても多くなってきています。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

働ける業務

労働者派遣法によって派遣で働くことができる業務が定められています。
その派遣で働ける時間というのも業務によって変わって履きますが、現在は選択可能な業務がとても多くなってきています。
〜専門的26業務〜これは派遣期間の制限がありません。
事務系:事務用機器(OA)操作通訳、翻訳、速記秘書ファイリング財務処理取引文書業務事業の実施体制企画・立案。
技術系ソフトウェア開発機械設計放送機器等操作研究開発OAインストラクション放送番組等における大道具、小道具。
マスコミ系:放送番組等演出書籍等の制作・編集広告デザインインテリアコーディネーターアナウンサーセールスエンジニア、そのほか調査デモンストレーション添乗建築物清掃・建築設備運転、点検、整備案内・受付、駐車場管理テレマーケティング〜臨時もしくは一時性が明確な業務〜この場合には派遣期間の制限はありません。
日数現地業務としてその業務が派遣先の会社で通常労働者の一か月に行われる所定労働日数の半分以下として月10日以下という業務、産前産後休暇や、育児休暇を取得する労働者の業務を担当する、介護休暇を取得する労働者の業務を担当する。
〜専門的26業務、派遣を禁止されている業務「以外」の業務〜この場合は派遣期間が同一業務で最長3年になります。
一般事務、販売、営業・製造〜例外〜紹介予定派遣であれば派遣期間は最長6か月になります。
病院などでの医療機関関連での業務、例えば看護師などであれば紹介予定派遣に限って認められています。
薬剤師は病院内に派遣はできませんが。
薬局やドラッグストアなどの病院以外では派遣されることができます。
〜派遣が禁止となっている業務〜・港湾運送業務、建設業務、警備業務、建築士事務所の管理建築士の業務弁護士、外国法事務弁護士、司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士の業務、人事労務管理関係のうち、派遣先において団体交渉又は労働基準法に規定する協定の締結等のための労使協議の際に使用者側の直接当事者として行う業務・病院等における医療関連業務(紹介予定派遣以外)このように労働者派遣法では様々なことが決められています。
さらに2012年10月には労働者派遣法が改正されました。
それによって日雇い派遣が禁止になるなど変わってきた項目もあります。
一部では日雇いが認められている職業もありますのでどのような改正が行われたのかということは一度確認してみるとよいでしょう。
Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.