人材派遣には将来の不安や雇用形態などさまざまなデメリットもあります。

メリットが多すぎる?!派遣の仕事

大事な役割

メリットとしてはやはりその能力、資格、知識などのスキルに関して評価を得ることができ、なおかつ活用することができるということでしょう。
それでは反対にデメリットにはどのようなことがあるのかを見てきましょう。
収入の差:誰しも最初からスキルが高いわけではありません。
周囲の人と比べて自分はこれが得意だ、と思っていたことでも人材派遣としていざ働き始めてみると能力の高い人たちの中では同じ位置に上がってはいなかったということはよくあることです。
だからこそ力をつけるためにもたくさんの経験が必要であり、勉強が必要になってきます。
最初の内にはその個人のレベルによって給料に差が出るのは仕方のないことです。
勉強が続く、一般的な会社や企業の社員とは違ってそのスキルを求められているのが人材派遣です。
そのためそのスキルを磨くために日々勉強が必要になります。
一時は特殊能力といわれて重宝されていたパソコンのスキル、入力作業のスキル、それもわずか10年足らずで一般的なスキルとなりました。
パソコン入力など一般的な社員よりも中学生の方がよほどに長けているでしょう。
今やそういう時代です。
常に学んでいかなければ、そして先を見ていかなければ特に能力を評価される仕事となる人材派遣ではあっという間に評価の対象にされない人材になりかねません。
福利厚生、一概に言えることではありませんが派遣に関しては福利厚生としての保険などが充実していないということもあります。
給与以外の賞与、一般的な正社員に比べても人材派遣というのは給料が高く設定されています。
これは能力給ともいえるものになるでしょう。
しかしそのかわりといってもいいものか、賞与や退職金はないというのは覚悟しておかなくてはなりません。
しかし現代の不安定な世の中では正社員であってもそのボーナスや退職金の確たる保証はありません。
その点を考えてみるとあらかじめ「無い」とわかっていればそれに備えた人生設計をしていくことも可能でしょう。
将来的な不安、同じ会社に勤めているのではなく、人材派遣という形態上、いつまで自分を必要としてくれる企業があるのかということは不安になるでしょう。
これは将来を考えたうえでの最大のデメリットになります。
やはり常に勉強、常に自分を売り込む、これは人材派遣での大事な役割となるでしょう。
いつまでも求められる人材になる、そのためには自分のスキルに磨きをかけておくことが必要になります。
Copyright (C)2017メリットが多すぎる?!派遣の仕事.All rights reserved.